|宇都宮の個人英会話教室・英会話スクール|大谷教室|Designing Future Language Institute|

英会話教室_ロゴ

無料カウンセリングはこちら

      
英会話教室_中山遼

代表・インストラクター 中山 遼

1984年生まれ。栃木県鹿沼市出身。
2006年、単身渡米。アメリカ、マサチューセッツ州の大学へ入学。卒業後、ニューヨーク州の大学院へ入学、卒業。2015年、6年間の留学経験をもとに英会話スクール「Designing Future Language Institute」を設立し、プライベート・セミプライベートレッスンを主とした英語講師を務める。また、栃木県・群馬県の大手企業で一般英語研修・TOEIC研修の講師も務めている。

英会話教室_中山遼

英語が話せない…。

私は、アメリカ、ボストンの大学へ4年間、その後ニューヨーク州の大学院へ2年間、計6年間留学していました。渡米する前の1年間は英語学校に通い、必死に英語を勉強していたのですが、いざアメリカに渡ってみるとほとんど英語が「話せない」状態でした。最初の数年間は学校の授業にほとんどついていけず、ただがむしゃらに英語に向き合う日々が続きました。アメリカに渡ったのが21才の時だったので、あまりにも英語が上達しない自分自身に対して「留学するのが遅すぎたのかな…?」「勉強が足りなかったのかな…?」というような諦めにも近い感情が芽生えてしまっていました。

英会話教室_ミニロゴ

留学生の存在

私の大学では日本人留学生は非常に少なかったのですが、他のアジア圏や中南米からの留学生の割合が多かったので、同じ時期に入学した他の留学生の英語力が飛躍的に伸びていくのをみて、さらに落ち込む日々が続きました。私の心の中では「なんで自分だけ上達しないのか?何が悪いんだろう?なぜ?なぜ?なぜ?」の連続でした。渡米後2、3年間は、この「なぜ?」という疑問とともに、ただただ英語の文法を勉強し、単語を覚えるだけでした。しかし2、3年経っても一向に上達しなかったので、そのような英語の勉強を中断して、英語が上達した他の留学生の「分析」を始めることにしたのです。

英会話教室_ミニロゴ

英語はメッセージを伝えるためのツール

その結果、気付いたのが「他の留学生は自分の言いたいメッセージを伝えるために英語を話している」ということでした。彼らに共通していたのが「難しい文法や単語は使っていない」「ネイティブのような発音を目指していない」でも「相手とコミュニケーションをとるために英語を話す」という姿勢でした。当時の私の中では、中学校・高校あるいは英語学校で習ってきた、「テストに出てくる英語」が全てでした。そのため、いざ英語を話そうとすると「文法が間違っていないかな…?」とか「発音が完璧じゃないから相手に通じてないな…?」と感じてしまい、結果的には英語をスムーズに話すことができていなかったのです。

英会話教室_ミニロゴ

発想の転換

ここで重要なポイントが『英語と日本語は違う』ということでした。「そんなの当たり前だ」とご指摘を受けるのは当然です…。しかし、この当たり前のことがスムーズに英語を話す上でのキーポイントだったのです。例えば、「ピアノを弾くことは楽しいです」という文があります。その時にまず日本語から英語にしようとすると「ピアノを弾くこと…、弾くこと…、〜すること…、あっ!学校で動名詞って習った!それを使おう!Playing the piano is fun」というように、この短い文を作成するのに時間がかかってしまいます。これではスムーズな会話のキャッチボールができません。それであれば「私はピアノを弾きます。私はピアノが大好きです。」と2つの文に分割し、日本語を簡素化します。そうすれば「I play the piano. I like it very much.」といった既に知っている文法で、即座に相手にメッセージを伝えることができるのです。もちろん、状況によっては「動名詞」のような学校で習った文法を使い、自分の言いたいことをしっかりと相手に伝えることは必要です。しかし、「英語が苦手」「文法を意識してしまって、スムーズに話せない」と感じている方は、まず「日本語の文を簡素化し(場合によっては2つの文に分割する)、知っている文法で話す」ということが非常に重要なポイントになります。

英会話教室_ミニロゴ

英語に費やした膨大な時間

このように、先に英語が上達していく留学生を分析することによって「発想を転換すること」以外に、「単語がわからない場合」や「発音の問題でどうしても通じない」といった状況に即座に対応することができるポイントを知ることができました。実は英語を上手に話せる方も、無意識のうちにこれらのポイントを応用して話している場合が多いように感じられます。でもこのことに気付いたのは私が大学4年生になった頃でした。「アメリカへ渡った当初の3年間の英語の勉強は何だったのか…。」もちろん無駄だったとは思っていません。様々な文法や単語を知ることができ、今では英語に対してさまざまな角度からアプローチすることができるようになりました。しかし、「もしアメリカ留学前にこれらのことを知っていたなら…」という「If…」は今現在でも私の頭の中に深く刻まれています。

英会話教室_ミニロゴ

英語が苦手な方々に伝えたいこと

私は、英語が苦手と感じている方々に、英語の文法的な面をお伝えするのと同じくらいに「英語を話す上での重要なポイント」をお伝えすることを重要視しております。英語に費やす時間はもちろん重要なことです。しかし、私のように右も左もわからず闇雲に英語に時間をかけるのであれば、まずさまざまなポイントを知って頂き、効率的に英語を学習して頂きたいという強い思いがあります。そしてそのような方々に「英語を話すことに抵抗がなくなった」と感じて頂きたいと考えております。

無料カウンセリングはこちら

各種コース・レッスン料 インストラクター紹介 アクセス
日常英会話・ビジネス英語・TOEIC®・英検・中高受験対策など、様々なコースをお選び頂けます。お仕事などがお忙しい方でもご自宅でレッスンを受けて頂ける『出張レッスン』もご用意しております。 英語指導経験豊富なDFLIのインストラクター。『英語を話せるようになった理由』を体験談とともにご紹介いたします。 大谷資料館・大谷観音で有名な宇都宮市大谷町。大谷街道を少し南に入った所に大谷教室はあります。自然豊かな、落ち着いた雰囲気の中で英会話を学んでみてはいかがでしょうか?
その他サービス お問い合わせ 受講生の声
栃木県の企業様向けの『英文代行サービス』や『企業英語研修』のご案内 英会話教室・無料カウンセリング・その他サービスについてのお問い合わせはこちらから。 DFLI受講生の声をご紹介しております。